繊維芽細胞

■治療の詳細
再生医療による肌再生 〜治療の詳細〜
口腔内もしくは耳の裏側から皮膚を少し採取します。採取した皮膚は培養工学技術を用いて、皮膚内の線維芽細胞だけを選択的に培養し、数を増やすのと同時に活性値を究極まで高めます。その線維芽細胞を注射で肌に戻す(移植)するのがこの治療の特徴。
線維芽細胞とは
線維芽細胞はコラーゲンやエラスチンを構成。ヒアルロン酸を分泌する肌の基礎となる最も重要な細胞。この細胞を増やし、活性化させることで飛躍的に皮膚を新しく再構築します。その結果として肌は若返ったり、真皮が厚くなることでクマが改善します。肌の若返りには絶対的な治療です。
従来の治療とは圧倒的に違う!!
従来の美容外科(美容整形)での若返りには、ヒアルロン酸やボトックスなどの注射によるアンチエイジングとはちがいます。また、意味のない血小板療法とも圧倒的に効果が違います。線維芽細胞移植術は正しいエビデンス(医学的根拠)を持つ唯一のアンチエイジング、および肌再生の治療なのです。
■通院回数について
 診察、治療、術後検診の4〜5回の通院が必要
 ※血液検査は診察当日に受けていただけます。
■メリット・デメリット
メリット:細胞を確実に増やすことができる。注射なので傷は残らない。
デメリット:効果には個人差がある。感染症の方は治療できない。培養に時間を有する。
■治療の流れ
Step-1 カウンセリング
    肌の状態を専門の医師が診察し、治療適応や注意事項など細かくご説明させていただきます。
Step-2 検査
    血液検査をおこないます。カウンセリングの当日に受けて頂くことも可能です。カウンセリング当日の治療はできません。まずは血液検査が必要です。
Step-3 細胞・血液採取
    口腔内、耳の裏から数ミリの組織を取ります。また、培養で使用する血液を採取します。
Step-4 細胞培養
1〜2ヵ月という十分な時間をかけて線維芽細胞を培養します。培養中は24時間常に管理し、細胞の安全を確保します。※培養速度には個人差があります。
Step-5 細胞注入(移植)
    培養で増やした線維芽細胞を肌に注射で戻します。細胞注入と呼んでいますが、基本的には細胞を移植するのです。
Step-6 効果
肌に張りと弾力が現れはじめます。移植された線維芽細胞はすぐに、コラーゲン線維、エラスチン、ヒアルロン酸を合成します。肌には2〜3週間で効果が現れはじめますが、乾燥など大きく実感できるのは2〜3ヶ月後です。
Step-7 再培養
    より高い効果を求めるあなたは、きっと再培養を考えはじめます。
■治療時間
 細胞採取:10min 細胞注入:10min
■効果について
 注射後の効果は通常、1〜2ヶ月で現れます。おもな効果としてはシワ、たるみ、肌の弾力・ハリの改善、ニキビ跡、クマです。その他として、妊娠線、ストレッチマークにも効果的です。
■ダウンタイム
 注射による治療ですので腫れが1〜2日程度
 極稀に内出血がありますが、3〜4日程度で落ち着きます。
■通院回数
 診察、治療、注入、検診の4〜5回の通院を推奨
 ※ただし、検査は含まれていません。診察当日に検査可
■主な効果
真皮線維芽細胞を選択的に培養し、細胞数を増やします。増やし、活性化された細胞を注射で真皮中に戻します。戻された線維芽細胞はコラーゲンやエラスチンを飛躍的に分泌し、皮膚を新しく再構築します。その結果として肌は若返ったり、真皮が厚くなることでクマが改善します。肌の若返りには絶対的な治療です。
 ●肌の若返り(シワ、たるみ、クスミ、ハリ・弾力)ニキビ跡、妊娠
 ●保湿
 ●目元(クマ、ちりめんジワ)
 ●ニキビ跡、クレーター
 ●傷痕・瘢痕
 ●その他(妊娠線、ストレッチマーク)

究極の美容医療である「線維芽細胞注入」こういった効果を実感していただけます。もちろん、どこまで満足できるのか、ということを考えると個人差はありますが、注入された細胞は真皮内で確実に生きていますので、効果については十分期待できます。

ご相談はこちら
ご予約はこちら
TOPへ戻る
(C)keiyu plastic clinic