多汗症

多汗症の原因は、エクリン腺と呼ばれる汗を分泌する汗腺の過剰な反応によるものです。汗腺は皮膚の薄い部分に多く存在するため、手術で根治させることは非常に困難です。当院では多汗症については“ボトックス”と呼ばれるお薬を部分的に注射して治療します。
■ボトックス
 神経の動きを抑制する医薬品です。それを脇に注射すると汗を出せという信号がブロックされ根本的に汗が出なくなります。
■治療の流れ
 わきの下の毛の範囲に麻酔クリームを塗ります。
   ↓
 ワキ全体に、ボトックスを注射します。
■治療時間:10分程度
■ダウンタイム:なし
■効果について
ボトックスの効果の持続は通常、6〜9か月です。継続的な注射によって汗に悩むことはありません。
 再発はありませんが、100%の根治ではありませんが、匂いは激減します。
■通院回数
 診察、治療、術後検診の2〜3回の通院を推奨
 ※血液検査は不要
■メリット・デメリット
メリット:汗については確実な効果が認められます。
デメリット:永久ではなく、定期的な注射が必要。
■慶友形成クリニックの特徴:
ボトックスは非常に高価な医薬品です。そのため、類似した医薬品もさまざまです。当院では純正アラガン社の製品を直接輸入しています。また、ご使用するアンプルについてもすべて管理し、万一の問題についてもフォローできる充実したセキュリティサービスを実施しています。

ご相談はこちら
ご予約はこちら
TOPへ戻る
(C)keiyu plastic clinic