小陰唇形成

女性の小陰唇はなかなか相談できませんね。私って異常なの?どの大きさが正常なんだろう?悩みはつきません。女性性器に正常や異常ということは基本的にはありません。あくまで左右差があるや、座ったときに痛いなどの場合、治療をお勧めしています。
■治療時間:30〜40分程度
■ダウンタイム:2~3日程度
■治療の流れ
 小陰唇の部分に麻酔をします。
   ↓
 デザインにそって過剰な部分を切除します。
   ↓
 左右差を確認し、縫合して終了します。
■効果について
 再発はありません。
■通院回数
 診察、治療、術後検診の3〜4回の通院を推奨
 ※血液検査は診察当日に受けていただけます。
■メリット・デメリット
メリット:形状を自然に整えることができる。左右差をなくす。
デメリット:傷は残りますが、目立つことはありません。
■慶友形成クリニックの特徴:
吸収糸を使うため抜糸の必要はありません。もともと目など細かく繊細な縫合技術を要する治療が多いため、こういった部分でも細かく縫合し、傷を目立ちにくくする技術を所有しています。

ご相談はこちら
ご予約はこちら
TOPへ戻る
(C)keiyu plastic clinic