口唇縮小

口唇の治療は大きい上唇、下唇を切開法で小さく整える美容整形です。また、唇を大きくする場合はヒアルロン酸注射やアートメイクで改善できます。
■治療時間:30〜40分程度
■ダウンタイム:腫れについては5〜6日程度
■治療の流れ
  希望の仕上がりの大きさを確認し、デザインします。
    ↓
  切開部分に麻酔をし、口腔粘膜を切除します。
    ↓
  傷を縫合します。
    ↓
  上下のバランスを確認し、終了します。
■効果について
 皮膚を切除しますので、確実な効果が認められます。元に戻ることもありません。
■通院回数
 診察、治療、術後検診の4〜5回の通院を推奨
 ※血液検査は診察当日に受けていただけます。
■メリット・デメリット
メリット:確実に小さくできるので非常に満足度の高い治療です。
デメリット:一時的に傷は目立ちますが、時間の経過で改善します。
■慶友形成クリニックの特徴
 口唇縮小は単に皮膚を単に切除する治療です。しかし、大切なのは大きさや形状に対してのデザインです。経験豊富な慶友形成クリニックではさまざまな状態に唇に対してきちんとしたアドバイスができます。

ご相談はこちら
ご予約はこちら
TOPへ戻る
(C)keiyu plastic clinic