ほほ骨削り

頬骨削りとは頬(ほほ)の突出した状態を改善させる美容整形です。単に削るだけではなく、横にも広がった状態を改善させるリダクション法ではより効果的な結果を出すことができます。
■治療時間:90〜120分程度
■ダウンタイム:腫れについては6〜7日程度
■治療の流れ
  全身麻酔をおこないます。
    ↓
  口腔内からアプローチし頬の骨を露出。
    ↓
  骨を削ります。もみあげ部分からもアプローチし、頬骨全体をスライドさせます。
    ↓
  左右のバランスを確認し、傷を縫合して終了します。
■効果について
 骨を削りますので、確実な効果が認められます。元に戻ることもありません。
■通院回数
 診察、治療、術後検診の4〜5回の通院を推奨
 ※血液検査は診察当日に受けていただけます。
■メリット・デメリット
メリット:大幅にフェイスラインを変えることができます。
デメリット:骨を削りますので、元に戻すことはできません。場合によっては一時的に感覚が鈍くなることがありますが、時間の経過で改善します。
■慶友形成クリニックの特徴
 頬骨削りは単に出ている部分を削る方法というのは大きな変化を求める方には向かない治療です。リダクション法は頬骨そのものの位置を引っ込めることができる治療ですので、多くの方に満足していただける方法です。

ご相談はこちら
ご予約はこちら
TOPへ戻る
(C)keiyu plastic clinic