エラ削り

エラ削りは下顎角骨と呼ばれる部分の骨を削り、フェイスラインを整え小顔にする美容整形です。エラには正面からみた幅を小さくするために削る方法だけでなく、横顔も含め小さくするなど、状態や希望するフェイスラインに応じて対応させていただきます。
■治療時間:90〜120分程度
■ダウンタイム:腫れについては5〜6日程度
■治療の流れ
  全身麻酔をおこないます。
    ↓
  口腔内からアプローチしエラ部分の骨を露出。
    ↓
  骨を削ります。
    ↓
  左右のバランスを確認し、傷を縫合して終了します。
■効果について
 骨を削りますので、確実な効果が認められます。元に戻ることもありません。
■通院回数
 診察、治療、術後検診の4〜5回の通院を推奨
 ※血液検査は診察当日に受けていただけます。
■メリット・デメリット
メリット:大幅にフェイスラインを変えることができます。
デメリット:骨を削りますので、元に戻すことはできません。場合によっては一時的に感覚が鈍くなることがありますが、時間の経過で改善します。
■慶友形成クリニックの特徴
 エラ部分は単に骨の突出だけではなく、口筋と呼ばれる筋肉の発達によって横に出ている場合もあります。その場合、筋肉の処理も必要になります。その筋肉の処理まで適切に対応しています。

ご相談はこちら
ご予約はこちら
TOPへ戻る
(C)keiyu plastic clinic