顎(あご)形成

顎形成とは、人工軟骨(プロテーゼ)やヒアルロン酸を用いて顎を形成する美容整形です。プロテーゼを用いる顎形成は口腔内からアプローチしますので、表面に一切傷が残りません。
■治療時間:30〜40分程度
■ダウンタイム:腫れについては4〜5日程度
■治療の流れ
  顎部分に麻酔を施します。
    ↓
  口腔内からアプローチし、プロテーゼの固定するポケットを作ります。
    ↓
  人工軟骨(プロテーゼ)を挿入します。
    ↓
  形状を確認し、問題がなければ縫合して終了します。
■効果について
 人工軟骨(プロテーゼ)を用いた治療は生涯持続します。ヒアルロン酸注射による顎形成は半年程度効果が持続します。
■通院回数
 診察、治療、術後検診の4〜5回の通院を推奨
 ※血液検査は診察当日に受けていただけます。
■メリット・デメリット
メリット:表面に一切傷は残りません。
デメリット:特にありません。
■慶友形成クリニックの特徴
 人工軟骨は外傷によってずれる可能性は否定できません。慶友形成クリニックではプロテーゼの固定を含めズレナイ治療を行っています。また、手術室はクリーンルームに設定されていますので、プロテーゼの最大の問題である感染を限りなく“0”になりました。

ご相談はこちら
ご予約はこちら
TOPへ戻る
(C)keiyu plastic clinic