目頭切開法

目頭切開とは蒙古ヒダと呼ばれる日本人特有の皮膚を切除し、目の内側の部分からパッチリと大きくみえるようにする治療です。二重まぶたの形状を末広型(ネコ型の目)から併行型の目に変えることができます。
■治療時間:60分程度
■ダウンタイム:腫れについては4〜5日程度
■治療の流れ
  治療前に入念に仕上がりのイメージを確認。
    ↓
  目頭部分に麻酔をし、皮膚を切開、切除します。
    ↓
  組織の一部を切除し、縫合します。
    ↓
  ラインや幅を確認し、終了します。
■効果について
 治療効果は永久的。
■通院回数
 診察、治療、抜糸(7日後)、術後検診の4〜5回の通院を推奨
 ※血液検査は診察当日に受けていただけます。
■メリット・デメリット
メリット:傷は内側にできますが、目立つことはありません。
デメリット: 皮膚を切除しますので、元に戻すことはできません。
■慶友形成クリニックの特徴
 目頭切開の切開法にはZ形成、W形成、内田法などさまざまな方法があります。当院ではその方の希望する形状、現在もしくは今回作り上げる二重まぶたのラインや幅に応じてさまざまなバリエーションの中から最も適した治療方法をご提案させていただくことができます。

ご相談はこちら
ご予約はこちら
TOPへ戻る
(C)keiyu plastic clinic