眉毛切開法

眉毛切開法とは、眉の直下を切開し余分な皮膚を取り除く治療です。もともと二重まぶたで皮膚が重なってきている方やまぶたの皮膚の厚い方の場合、通常の切開法では自然な仕上がりにすることができない場合に適した治療です。
■治療時間:60分程度
■ダウンタイム:腫れについては5〜6日程度
■治療の流れ
  治療前に入念に仕上がりのイメージを確認
    ↓
  眉部分に麻酔をし、皮膚を切開、切除します。
    ↓
  組織の一部を切除し、縫合します。
    ↓
  ラインや幅を確認し、終了します。
■効果について
 治療効果は永久的。
■通院回数
 診察、治療、抜糸(7日後)、術後検診の4〜5回の通院を推奨
 ※血液検査は診察当日に受けていただけます。
■メリット・デメリット
メリット:非常にまぶたにあつみのあるかたでも自然な仕上がりにすることができます。また、通常の切開法に比べ著しいたるみのある方などの場合、広範囲で皮膚をとることができるので若返り効果には非常に有効です。
デメリット:通常の切開法の場合、切開線が二重のライン上にあるため目立つことはありませんが、この治療は眉の直下にあるため、メイクをしない男性には向かない方法です。アートメイクで眉を整えることで目立たなくすることは可能。
■慶友形成クリニックの特徴
眉毛切開については治療症例が少ないのが実情です。当院ではそういった特殊な治療症例が非常に多く、さまざまな方のご希望に応じた適切な治療方法をご提案できます。

ご相談はこちら
ご予約はこちら
TOPへ戻る
(C)keiyu plastic clinic