乳頭縮小

乳頭縮小は肥大した乳頭を手術で小さくする方法です。
■治療時間:60〜90分程度
■ダウンタイム:2~3日を推奨
■治療の流れ
  乳頭部分に麻酔をします。
    ↓
  余分な部分を切除します。
    ↓
  傷を縫合し、左右のバランスを確認し終了します。
■通院回数
 診察、治療、抜糸、術後検診の4〜5回の通院を推奨
 ※血液検査は診察当日に受けていただけます。
■メリット・デメリット
メリット:確実に小さく、希望の大きさに仕上げることが可能。
デメリット:刺激によって完全に元に戻ることはありませんが、大きくなることはあります。ただし、それは治療をしなければさらに大きくなるので再発ということではありません。
■慶友形成クリニックの特徴
 乳頭縮小は技術的に非常に難しいということではありません。しかし、治療前のデザインによっては、傷が目立ちやすくなったりしてしまいます。慶友形成クリニックではその傷を最小限にし、乳頭を小さくするデザインを工夫しています。

ご相談はこちら
ご予約はこちら
TOPへ戻る
(C)keiyu plastic clinic