乳輪縮小

大きく広がった乳輪を小さくする治療です。
■治療時間:120〜150分程度
■ダウンタイム:2〜3日程度
■治療の流れ
  乳輪全体に局所麻酔をおこないます。(痛みが心配な方には静脈麻酔や吸入麻酔を併用することもできます。)
    ↓
  縮小する範囲の部分を切開し、不要な乳輪の皮膚を切除します。
    ↓
  傷を縫い合わせます。
    ↓
  乳輪の形状、乳輪の大きさを確認し終了します。
■通院回数
 診察、治療、抜糸、術後検診の4〜5回の通院を推奨
 ※血液検査は診察当日に受けていただけます。
メリット・デメリット
メリット:広がった乳輪を確実に小さくすることができます。
デメリット:基本的に再発することはありませんが、若干の広がりは出る可能性があります。
■慶友形成クリニックの特徴
 乳輪縮小は比較的治療症例が少ない治療です。しかし、当院では乳輪縮小を含め乳房吊上げは豊富な治療実績があります。乳輪縮小の傷については切開に工夫がしており、いかにもといった仕上がりではなく、グラデーション効果を十分に引き出した仕上がりで対応しています。

ご相談はこちら
ご予約はこちら
TOPへ戻る
(C)keiyu plastic clinic