豊胸術

豊胸術は人工乳腺(インプラント)を用いて胸を大きくする美容整形です。脇から乳房への通り道を作り、そこからインプラントを挿入するため、表面の傷は目立ちません。また、従来とくらべ安全性も格段に改善し、安心して治療を受けて頂くことができます。
■治療時間:90〜120分程度
■ダウンタイム:痛みは3~4日
■治療の流れ
  全身麻酔をおこないます。
    ↓
  脇の下を3cm程度切開し、インプラントの通り道と、インプラントを置く場所を作ります。
    ↓
  インプラントを挿入します。
    ↓
  位置、大きさ、形状を確認し傷を縫合し終了。
■通院回数
 診察、治療、術後検診の5~6回の通院を推奨
 ※血液検査は診察当日に受けていただけます。
■メリット・デメリット
メリット:安全に胸を大きくすることができます。
デメリット:極端に乳腺の少ない人、筋肉の薄い人には向かない場合があります。
■慶友形成クリニックの特徴
当院の手術室は国内唯一のクリーンルームです。人工乳腺(インプラント)を取り扱う治療の場合は術後の経過を考えると環境が非常に重要です。また、内視鏡を使用した豊胸術ですので、内視鏡を用いて見えない部分の剥離や止血、神経を確認し、安全で仕上がりの美しい胸元を作ります。ただし、極端に乳腺のない人や筋肉の薄い人などはこの治療に向かないこともあり、診察で適切に判断させていただきます。

ご相談はこちら
ご予約はこちら
TOPへ戻る
(C)keiyu plastic clinic